将棋入門~まずはここから~

- スポンサーリンク -

講座目次

将棋とは?

将棋は、9×9の81マスに分かれた盤(ばん)と、8種類の駒(こま)で遊ぶボードゲームで、
長い歴史のある日本の伝統文化の1つです。

「将棋」という言葉は、本来、幅広い意味を持っていますが、
ほとんどの場合、「本将棋(ほんしょうぎ)」のことを言っています。

「本将棋」は、1対1で交互に駒を動かして、
相手の王様を動けないようにする(つます)ゲームです。
テレビ・新聞・インターネットなどでもっとも多く見かけるのは「本将棋」です。

このサイトでも、特に断りがなければ「将棋=本将棋」となります。

「本将棋で遊ぶ」ことを「将棋を指す(さす)」
あるいは「将棋の対局(たいきょく)をする」と言います。
もちろん「将棋をする」「将棋をやる」「将棋で遊ぶ」と言っても構いません。

「将棋」で「本将棋」以外の遊び方は「ゲーム将棋」と言います。

「ゲーム将棋」は多くの種類があります。
「本将棋」を基本にしたものから、「本将棋」の実力が全く関係ないものまで、
遊び方もルールも様々です。(このサイトでも紹介していく予定です。)

将棋の遊戯(ゆうぎ)人口は、少なくとも500万人以上と言われています。
さらに、将棋を見るだけの人も合わせると数千万単位の人数になります。

将棋はこれだけ多くの人が知っているゲームですので、
遊んで楽しむだけでなく、共通の話題としても、是非覚えておきたいですね。

将棋は難しいの?

最初におぼえることはとても少ないです。
細かいルールは遊びながら少しずつおぼえていくことができます。
そのため、大人でも子供でも、年齢に関係なく簡単に始めることができます。

有段者(ゆうだんしゃ)を目指すとなると少し時間はかかりますが、
それが将棋の奥深さ(おくふかさ)であり、1番の魅力(みりょく)だと思います。

将棋を指すために必要なものは?

最初は「将棋盤」と「将棋の駒」があれば十分です。

新しく買うのであれば木で作られたものをお勧めします。
木の香りや木がぶつかる音で、より気分が高まります。
もちろん、マグネットやプラスチックのものでも大丈夫です。

その他、「駒台」や「対局時計」などを使う場合もありますが、
無くても特に問題ありません。

パソコンで使う将棋ソフトやスマートフォン向けの将棋アプリも多数ありますが、
最初はよく分からないことも多いと思いますので、少し慣れてからにしましょう。
(このサイトでも紹介していく予定です。)


さて、それでは次のページで「将棋盤」について説明します。


- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -