将棋入門~将棋盤について~

- スポンサーリンク -

講座目次

将棋盤の概要

将棋盤は縦9×横9の81マスに区切られており、
上下と左右が対称になっています。

将棋盤は様々な素材で作られており、大きさも様々ですが、
マスの区切り方はどれも同じです。

将棋盤やマスをよく見ると、長方形になっているのが分かります。
そして、長い方が縦、短い方が横になります。

駒が縦長ですので、将棋盤の縦横を間違えると、駒がはみ出す場合があります。

将棋盤の縦と横について

将棋盤の筋と段

将棋盤は縦の列・横の行・すべてのマスに名前が付いています。

と言っても将棋盤は上下対称・左右対称ですから、
将棋を指していない状態では分かりません。

将棋盤は駒を落とさないで指す場合には先に指す人(先手[せんて])、
どちらかが駒を落として指す場合には
駒が全部揃っている人(下手[したて])が基準となります。

縦の列は「筋(すじ)」と言います。
基準となる人から見て、右から数えて1筋(いちすじ)、2筋(にすじ)、…、
8筋(はちすじ)、9筋(きゅうすじ)となります。

横の行は「段(だん)」と言います。
同じく、奥(上)から数えて1段(いちだん)、2段(にだん)、…、
8段(はちだん)、9段(きゅうだん)となります。

尚、先手または下手が将棋盤の前に座った時の奥側は、
本やWebサイトなどでは上側となります。
逆に、手前側は、本やWebサイトなどでは下側になります。
(たまに相手側からの視点で逆に表示されることもありますが、注釈があります。)

将棋盤のマスの呼び方

将棋盤の81マスは、筋と段を合わせた呼び方となります。
先手または下手から見て「右から数えた列数」と「上から数えた段数」の
順番で数字を2つ続けて言います。
表記は筋が数字のままで、段が漢数字になることが多いです。

先手または下手から見て、1番右側の1番奥は「1一(いちいち)」、
その1つ手前が「1二(いちに)」という感じです。

駒を落とさないで指す場合には後に指す人(後手[ごて])や、
駒を落として指している人(上手[うわて])から見ると、上下左右が逆になります。
1番左側の1番手前は「1一(いちいち)」、
その1つ奥が「1二(いちに)」という感じです。

最初のうちは「筋」や「段」がごちゃごちゃになってしまうと思います。
上下左右を逆にして考えることもとても難しいです。

ですから、最初の段階では何となく読み飛ばしてもらって大丈夫です。
そのうち、自然と分かるようになってきます。

将棋盤のそれぞれのマスの呼び方について

[将棋盤のそれぞれのマスの呼び方]



さて、それでは次のページで「将棋駒」について説明します。


- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -