将棋入門~将棋駒について~

- スポンサーリンク -

講座目次

将棋駒の概要

将棋駒は様々な素材で作られており、大きさも様々ですが、
形は五角形になっています。

将棋は相手の駒を取った後、その駒を自分の駒として使うことができます。
そのため、自分の駒か相手の駒かは、駒の向きで判断します。
チェス・囲碁・オセロのように色で判断する訳ではありません。

自分から見て、駒に書いてある字が読みやすいように置くと、
五角形の先が相手に向くようになっています。

将棋駒の枚数と種類は?

将棋駒は40枚で1セットです。

但し、実際に販売されている駒は41枚か42枚あることがほとんどです。
多い分は駒を無くしてしまった場合の予備です。
対局に使用するのは40枚となります。

将棋駒の種類は全部で8種類です。
実物が手元にあった方が分かりやすいと思いますので、是非ご用意ください。

駒は、1文字または2文字で書かれています。
少し読みづらい書体である場合もありますが、まずは駒のどちらかの面に
  • 王(王将)・玉(玉将)
  • 飛(飛車)
  • 角(角行)
  • 金(金将)
  • 銀(銀将)
  • 桂(桂馬)
  • 香(香車)
  • 歩(歩兵)
と書いてある駒を見つけてください。

将棋駒の動きに関する共通ルール

次のページから、それぞれの駒の動きについて説明しますが、
すべての駒に共通したルールがあります。

第1に、1つのマスには1つまでしか駒を置くことができません。

第2に、自分の駒があるマスには進むことができません。
自分の駒を取ったり、重ねたりしてはいけません。

第3に、相手の駒があるマスに進む場合は相手の駒を取らなければいけません。
相手の駒を取らなかったり、重ねたりしてはいけません。

第4に、好きなマスまで1手で複数のマスを進める駒は、
途中にある駒を飛び越えることができません。
途中にある駒が自分の駒ならば、(取ることができないので)その1マス前まで、
相手の駒ならば、(相手の駒を取って)そのマスまでとなります。

第5に、盤の端のマスから外に出ることはできません。
将棋盤の意味がなくなってしまいますからね。


さて、8種類の駒は、それぞれ動き方が異なります。
次のページで「王(王将)・玉(玉将)」の読み方と動き方について説明します。


- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -