将棋入門~歩の読み方と動き方~

講座目次

歩(歩兵)の読み方

「歩」は「ふ」、「歩兵」は「ふひょう」と読みます。
「ふ」と言われることがほとんどです。

尚、正確に言うと誤読ではありますが「ほへい」と言われることもあります。
それでも意味は通じるので大きな問題はありません。
将棋界はおおらかなので(?)、そこまで気にする人はほとんどいません。

この駒は裏返すと文字が書かれています。
「と」と書かれていることが多いですが、読みづらい文字の場合もあります。
これは「金」の代わりの使われた「今」の崩し文字になり、
「と」あるいは「ときん」と言われます。

歩(歩兵)の動き方

歩(歩兵)は、前方に1マス進むことができます。

将棋の駒で「歩(歩兵)」の動き方

と(と金)の動き方

と(と金)は、金と同じ動き方になります。
つまり、前後左右・斜め前2方向に1マス進むことができます。

将棋の駒で「と(と金)」の動き方

次のページでは、駒の共通ルールを説明します。
将棋の駒は取ったり、打ったり、成ったりと様々な使い方をします。
それぞれの駒の動き方とあわせて、覚えておきましょう。


将棋入門ページ一覧

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -