将棋入門~玉の読み方と動き方~

講座目次

王(王将)・玉(玉将)の読み方

「王」は「おう」、「王将」は「おうしょう」、
「玉」は「ぎょく」、「玉将」は「ぎょくしょう」と読みます。
まとめて「ぎょく」「おうさま」などと言われることが多いです。

「王と玉」あるいは「王将と玉将」がセットになっていることが多いです。
たまに「玉」あるいは「玉将」が2枚セットになっている場合もあります。
それを「双玉(そうぎょく)」と言います。
(文字にすると違いが少し分かりにくいですね。)

王(王将)と玉(玉将)は駒の動きも役割も同じです。
マナー上、上位者(強い人や目上の人)が「王(王将)」を使うことになっています。

「双玉」の駒は、駒選択において上下関係を意識する必要がないということですね。

これらの駒は裏に何も書かれていません。

王(王将)・玉(玉将)の動き方

王(王将)・玉(玉将)は、前後左右・斜め4方向に1マス進むことができます。

将棋の駒で「王(王将)・玉(玉将)」の動き方

次のページでは「飛(飛車)」の読み方と動き方について説明します。


将棋入門ページ一覧

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -