将棋入門~香の読み方と動き方~

- スポンサーリンク -

講座目次

香(香車)の読み方

「香」は「きょう」、「香車」は「きょうしゃ」と読みます。
「きょう」の方が少し多く使われますが、「きょうしゃ」もよく言われます。
まれに「きょうす」と言われることもあります。

この駒は裏返すと文字が書かれていますが、非常に読みづらいと思います。
これは「金」の崩し文字になり、「成香(なりきょう)」と言われます。

「なりぎん」と「なりけい」と「なりきょう」は少しずつ漢字の崩し方が違います。
しかし、慣れるまでは、すぐに分からなくなってしまうと思います。
その時は、ちょっと裏返して、反対側に何と書いてあるか確認しましょう。

手を指す時以外に、駒を持ち上げるのはマナー違反ではありますが、
初心者のうちは大目に見てもらえます。

香(香車)の動き方

香(香車)は、前方に何マスでも好きなだけ進むことができます。
もちろん、1マスしか動かなくても問題ありません。

将棋の駒で「香(香車)」の動き方

成香の動き方

成香は、金と同じ動き方になります。
つまり、前後左右・斜め前2方向に1マス進むことができます。

将棋の駒で「成香」の動き方

次のページでは「歩(歩兵)」の読み方と動き方について説明します。


- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -