居飛車と振り飛車について

- スポンサーリンク -

目次

居飛車と振り飛車

将棋の戦い方(戦型)は大きく分けると
居飛車(いびしゃ)」と「振り飛車(ふりびしゃ)」の2つになります。

どちらの戦型にも「飛車(ひしゃ)」という名前が付いていますが、
成り駒を除いて、最も強い駒である「飛車」の位置で判断することとなります。

将棋で居飛車と言われる戦型の出だし

[図1]

上の [図1] は「居飛車」の出だしになります。
飛車を初期位置のままで使います。

「居飛車」は、自分から積極的に攻めていくことが多くなります。

将棋で振り飛車と言われる戦型の出だし

[図2]

上の [図2] は「振り飛車」と言われる出だしの一例になります。
飛車を初期位置から横に動かして使います。
飛車を初期位置から横に動かすことを「振る」と言います。

「振り飛車」は、相手に攻めさせてカウンターを狙うことが多くなります。

将棋は先手と後手が、それぞれ「居飛車」と「振り飛車」のどちらの戦型を採用するかで
その対局全体の状況を表す言葉があります。

先手も後手も「居飛車」の場合は「相居飛車(あいいびしゃ)」、
先手も後手も「振り飛車」の場合は「相振り飛車(あいふりびしゃ)」、
一方が「居飛車」、もう一方が「振り飛車」の場合は「対抗形(たいこうけい)
と言われます。

振り飛車をもう少し細かく分ける

先ほど、振り飛車は飛車を初期位置から横に動かす、と説明しましたが、
どこに動かすかで、さらに名前が付いています。

将棋で四間飛車と言われる戦型の出だし

[図3]

上の [図3] は「振り飛車」の王道でもある
四間飛車(しけんびしゃ)」と言われる出だしになります。
対局者から見て、左から4列目に飛車を移動して使います。
(先手の場合は6筋、後手の場合は4筋に飛車が居るということになります。)
攻守のバランスに優れた、指しやすい戦型です。

将棋で三間飛車と言われる戦型の出だし

[図4]

上の [図4] は「三間飛車(さんけんびしゃ)」と言われる出だしになります。
対局者から見て、左から3列目に飛車を移動して使います。
これも攻守のバランスに優れた、指しやすい戦型です。

将棋で石田流と言われる戦型の出だし

[図5]

上の [図5] は「石田流(いしだりゅう)」と言われる出だしになります。
「三間飛車」から派生した戦型ですが、
ここから飛車を2つ前に進めて、前線で積極的に使っていきます。
攻めを重視した戦型で、華々しい変化がたくさんあります。

将棋で向かい飛車と言われる戦型の出だし

[図6]

上の [図6] は「向かい飛車(むかいびしゃ)」と言われる出だしになります。
相手が居飛車の場合に飛車が向かい合わせになることから、このように言われています。
飛車同士のぶつかり合いで、激しい変化になることも多い戦型です。

将棋で中飛車と言われる戦型の出だし

[図7]

上の [図7] は「中飛車(なかびしゃ)」と言われる出だしになります。
真ん中の列に飛車を移動して使います。
積極的に攻めたい人にお勧めの戦型です。

将棋で右四間飛車と言われる戦型の出だし

[図8]

上の [図8] は「右四間飛車(みぎしけんびしゃ)」と言われる出だしになります。
これも積極的に攻めたい人にお勧めの戦型です。

将棋で袖飛車と言われる戦型の出だし

[図9]

上の [図9] は「袖飛車(そでびしゃ)」と言われる出だしになります。
相手が角道を開けるために進めた歩を狙っていく、奇襲含みの戦型です。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -