【将棋用語】
おかわり

- スポンサーリンク -

将棋用語一覧リンク

「おかわり」の詳細

将棋用語
おかわり
読み方
おかわり
説明
駒交換が行われた後に、再度、同じ持ち駒を打って相手の駒を取りにいくこと。
歩・桂・銀などの比較的価値の低い駒で行われることが多く、駒の損得や形勢に差が開きやすい攻めの手筋である。
用例
【将棋用語】「おかわり」で飛車先の突破を目指す局面

[図1]

上の [図1] は、先手が5筋を押さえ込んでいるが、▲5三銀 △同銀右 ▲同歩成 △同銀 ▲5四歩 △4二銀 としてから、再度▲5三銀と打って「おかわり」の攻めが続く。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -