【将棋用語】
ふんどしの桂

- スポンサーリンク -

将棋用語一覧リンク

「ふんどしの桂」の詳細

将棋用語
ふんどしの桂
読み方
ふんどしのけい
説明
桂で両取りをかけること。「桂のふんどし」とも言われる。
桂馬の利きは「T」のような形にも見えるが、昔に例えられた「ふんどし」が定着した。
用例
「桂を打ってふんどしをかける」
【将棋用語】「ふんどしの桂」で両取りをかけた部分図

[図1]

上の [図1] は、先手が▲5六桂と「ふんどしの桂」を打って4四にいる銀と6四にいる金の両取りをかけている。後手は△5五銀や△5四金と指して両取りを受けるか、あるいは別の手を指して攻め合うかを考える。
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -