【将棋用語】
ぶつかる

将棋用語一覧リンク

「ぶつかる」の詳細

将棋用語
ぶつかる
読み方
ぶつかる
説明
先手のある駒と後手のある駒がお互いに利いているマスにあり、次の手番でどちらからも相手の駒を取ることができる状況。
歩が向かい合った形は「歩がぶつかる」、金と銀が向かい合った形は「金と銀がぶつかる・金駒がぶつかる」のように使われる。 飛と銀のように駒の価値が大きく異なる場合にはあまり使われない。また、序盤でお互いが角道を開けた場合にも「角がぶつかる」と言われることはほとんどない。
用例
「あちこちで駒がぶつかっている複雑な局面だ。」
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -