【将棋用語】
ハッチを閉める

将棋用語一覧リンク

「ハッチを閉める」の詳細

将棋用語
ハッチを閉める
読み方
はっちをしめる
説明
玉を穴熊に囲うときに、玉のコビンを塞ぐこと。
穴熊側の銀が穴熊側の桂の前に1つ上がる手を言うことが多い。「ハッチを閉める」直前と比較をすると穴熊が囲いとして安定するため、非常に価値の高い1手である。
用例
【将棋用語】居飛車穴熊で「ハッチを閉める」部分図

[図1]

上の [図1] は、先手が7九にいた銀を▲8八銀と上がって、居飛車穴熊の「ハッチを閉めた」局面。
【将棋用語】振り飛車穴熊で「ハッチを閉める」部分図

[図2]

上の [図2] は、先手が3九にいた銀を▲2八銀と上がって、振り飛車穴熊の「ハッチを閉めた」局面。
【将棋用語】第30期竜王戦七番勝負第3局 渡辺竜王vs羽生棋聖で角によって「ハッチを閉める」局面

[図3]

上の [図3] は、第30期竜王戦七番勝負第3局 渡辺竜王vs羽生棋聖で、35手目に先手の羽生棋聖が▲3四歩と打った手に対して、36手目に後手の渡辺竜王が△2二角と引いた局面。居飛車穴熊で角頭を狙われる場合は、例外的に「ハッチを閉める」駒は銀ではなく角になる。
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -