【将棋用語】
バラす

将棋用語一覧リンク


「バラす」の詳細

将棋用語
バラす
読み方
ばらす
説明
盤上のあるマスにおいて、駒の取り合いでお互いの駒が盤上からなくし、持ち駒になること。「清算する」と同じ意味になる。
「バラバラにする」というように言われることもある。
「バラす」と、基本的には仕掛けた側が手番を握っていることとなるが、そのまま攻めきれないと、持ち駒を増やした相手から強烈な反撃を受けることになる。
用例
【将棋用語】「バラす」ことで相手玉を詰ますことができる部分図

[図1]

上の [図1] は、後手の穴熊が健在ではあるが、▲2一角成と「バラしていく」と手順は長いが詰んでいる。(一例として、▲2一角成 △同金 ▲同角成 △同玉 ▲4一飛 △3一角 ▲3二銀 △同玉 ▲4四桂 △2一玉 ▲3二金 △1一玉 ▲2一金 まで。)
関連用語
関連手筋

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -