【将棋用語】
パンツを脱ぐ

将棋用語一覧リンク


「パンツを脱ぐ」の詳細

将棋用語
パンツを脱ぐ
読み方
ぱんつをぬぐ
説明
穴熊で玉の隣にいる初期位置の桂が攻めのために跳ねること。
堅さを求めて穴熊に組んだのに重要な守り駒の桂を跳ねるというのは、一般的な将棋の考え方において矛盾している。そのため、囲いの弱体化の様子や「こんな手を指しているようでは…」というネガティブな意味合いが強めに込められた例えとなっている。
稀に攻めの好手となる場合もあるが、基本的には指さない方が良い。
用例
【将棋用語】穴熊で「パンツを脱ぐ」手を指した部分図

[図1]

上の [図1] は、穴熊の一部であった2九の桂を▲3七桂と跳ねて「パンツを脱いだ」部分図。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -