【将棋用語】
一手すき

将棋用語一覧リンク

「一手すき」の詳細

将棋用語
一手すき
読み方
いってすき
説明
次の手番で相手玉が詰む状況のこと。「詰めろ」と同じ意味になる。
「二手すき」は次の手番で相手玉に詰めろがかかる状況となる。以下「三手すき」「四手すき」…、と理屈上は表現できるが、「三手すき」以降は一般的に使われることはない。
用例
【将棋用語】相手玉に「一手すき」で迫る局面

[図1]

上の [図1] は、先手から▲3二金と打つ手がある。これは王手ではないが、次の▲2二金打の詰みを見た「一手すき」の手である。
【将棋用語】相手玉に「二手すき」で迫る局面

[図2]

上の [図1] は、先手から▲4四桂と打つ手がある。これは王手でも「一手すき」でもないが、次に▲3二桂成とすれば、その次の▲2二金打の詰みを見た「一手すき」の局面になる。つまり、▲4四桂と打った局面では「二手すき」である。
【将棋用語】相手玉に「三手すき」で迫る局面

[図3]

上の [図3] は、先手から▲4四歩と打つ手がある。次に▲4三歩成から▲3二と と2手指せば、その次の▲2二金打の詰みを見た「一手すき」の局面になる。つまり、▲4四歩と打った局面では「三手すき」であり、終盤の攻めとしてはかなり遅い。
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -