【将棋用語】
並べ詰み

将棋用語一覧リンク

「並べ詰み」の詳細

将棋用語
並べ詰み
読み方
ならべづみ
説明
持ち駒を連続して打っていけば容易に詰む状態。
持ち駒に大駒や金駒が複数枚あり、相手の玉が狭い場合に使われることが多い。
用例
【将棋用語】相手玉が「並べ詰み」となる部分図

[図1]

上の [図1] は、▲5二金 △3一玉 ▲4二金 △同玉 ▲5一銀 以下、金駒が3枚残っているので「並べ詰み」である。
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -