【将棋用語】
事件

将棋用語一覧リンク

「事件」の詳細

将棋用語
事件
読み方
じけん
説明
一気に形勢が負けになること。
特にかなり形勢が良い方が、受け間違えて詰まされてしまったり、攻め損なってしまったりして逆転される場合に使われることが多い。
用例
【将棋用語】羽生善治 四冠が1手詰みの頓死で負けるという「事件」が起こった局面

[図1]

上の [図1] は、2001年9月1日に行われた第14期竜王戦挑戦者決定三番勝負第1局「羽生善治 四冠 vs 木村一基 五段」の終盤。先手の羽生四冠が勝勢で、木村五段が最後のお願いとして△5六銀と王手をかけた局面。ここで▲7六玉や▲6六玉と指しておけば全く問題はなかったが、ここで「事件」が起こった。
羽生四冠の指し手は▲6四玉!唯一、詰んでしまう所へ玉が動いたため、△6五飛の1手詰めを食らって頓死した。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -