【将棋用語】
何でもない

将棋用語一覧リンク


「何でもない」の詳細

将棋用語
何でもない
読み方
なんでもない
説明
すぐには厳しい狙いがないこと。
特に中盤から終盤にかけて使われることが多い。その場合には攻めるチャンスとなる。
用例
「相手の手は詰めろでも何でもないので、相手玉に詰めろをかけ続ければ勝ちだ。」

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -