【将棋用語】
余す

将棋用語一覧リンク

「余す」の詳細

将棋用語
余す
読み方
あます
説明
相手からの攻めが続かない状態にすること。その結果、形勢が良い場合に多く使われる。
特に、終盤で相手から攻められている状態ではあるが自玉が詰んでいなかったり、自玉に対する必至や詰めろが続かなくなったりして優勢や勝勢である場合によく使われる。
「受け切る」や「残す」と意味が被る部分もあるが、「余す」は広さを生かしている場合に使われることが多い。
用例
【将棋用語】相手の攻めを「余す」結果となった局面

[図1]

上の [図1] は、先手玉に後手の駒が迫っており、△7八金打までの詰めろがかかっている。しかし、▲8八玉と上がっておけば、有効な詰めろが続かないため、後手の攻めを余している。
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -