【将棋用語】
余す

将棋用語一覧リンク


「余す」の詳細

将棋用語
余す
読み方
あます
説明
終盤で相手からの攻めによって玉が詰んでいないこと、あるいは、必至がかからなかったりや詰めろが続かなくなったりして玉が寄っていないこと。それらの結果、勝ちである場合に多く使われる。「残す」と同じ意味。
用例
【将棋用語】相手の攻めを「余す」結果となった局面

[図1]

上の [図1] は、先手玉に後手の駒が迫って詰めろがかかっている。しかし、▲8八玉と上がっておけば、有効な詰めろが続かないため、後手の攻めを余している。
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -