【将棋用語】
入玉宣言法

将棋用語一覧リンク

「入玉宣言法」の詳細

将棋用語
入玉宣言法
読み方
にゅうぎょくせんげんほう
説明
将棋の勝ち負けを決めることができるルールの1つ。さらに27点法と24点法の2つがあり、アマチュア大会では27点法が採用されていることが多いが、プロの公式対局では24点法が採用されている。
尚、プロの公式対局においては、2013年10月1日から採用されたルールで、それまではお互いの合意が必要な「持将棋」のルールのみであった。
このルールを対局で適用するためには、手番の対局者が、手を指さずに「宣言します」と言い、対局時計を使用している場合には、時計を止める。その時点で、その対局は終わりとなり、再開されることはない。
27点法においては、宣言をした側が以下の条件を「すべて」満たしている場合に勝ちとなる。
  • 宣言側の玉が敵陣三段目以内に入っている
  • 宣言側の玉以外の駒が敵陣三段目以内に10枚以上存在する
  • 宣言側に王手がかかっていない
  • 宣言側の持ち駒と敵陣三段目以内にいる駒の点数(大駒5点、小駒1点、玉0点)の合計が、先手の場合は28点以上、後手の場合は27点ある

24点法においては、上記27点法の「宣言側の持ち駒と敵陣三段目以内にいる駒の点数」についての規定のみ異なり、31点以上であれば宣言側が勝ち、24点以上30点以下であれば持将棋引き分け、となる。
尚、条件を1つでも満たしていない場合、宣言した側の負けとなる。
点数に含まれるのは「持ち駒と敵陣三段目以内にいる駒」であり、「持将棋」と数え方が異なるので注意したい。最も複雑な将棋のルールであるが、採用している場合には必ずその旨と条件が明記されている。大会などでは事前にしっかりと確認しておく必要がある。
用例
「相入玉で超手数の混戦となったが、入玉宣言法の適用により勝ちとなった。」
関連用語
関連格言

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -