【将棋用語】
力を溜める

将棋用語一覧リンク

「力を溜める」の詳細

将棋用語
力を溜める
読み方
ちからをためる
説明
すぐに攻めずに相手の駒を取って持ち駒を増やしたり、攻めの拠点に駒の利きを足したりすること。
攻めが数手遅れる間に、相手から攻められるリスクはあるが、より手厚い攻めになる。
用例
「すぐに攻めてもうまくいかないので、じっと力を溜めた。」

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -