【将棋用語】
十字飛車

- スポンサーリンク -

将棋用語一覧リンク

「十字飛車」の詳細

将棋用語
十字飛車
読み方
じゅうじびしゃ
説明
盤上の飛車が移動した際に、前方への利きと左右いずれか(両方でも可)への利きに、次の手番でタダ取りできる駒(王手が含まれても可)がある状態。
持ち駒の飛車を打って、次の手番でタダ取りできる駒が2枚以上ある場合は、単に「両取り」と言われることが多い。
用例
【将棋用語】「十字飛車」で王手銀取りがかかる部分図

[図1]

上の [図1] は、先手が▲2四飛と走れば、王手と5四にいる銀取りで「十字飛車」が決まる。この両方を受ける手はないので、後手は銀損を避けることができない。
【将棋用語】「十字飛車」で両取りがかかる部分図

[図2]

上の [図2] は、先手が▲2四飛と走れば、2一にいる桂と5四にいる銀の両取りで「十字飛車」が決まる。この両方を受ける手はないので、後手は駒損を避けることができない。
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -