【将棋用語】
千日手

将棋用語一覧リンク

「千日手」の詳細

将棋用語
千日手
読み方
せんにちて
説明
盤上の駒の配置、持ち駒の種類・枚数、手番のすべてが同一となる局面が4回現れた際に無勝負となる将棋のルール。現在では、どのような手順で同一局面となったかは問わない。千日手が成立した場合、一般的には先手と後手を入れ替えて指し直しとなる。
但し、同一局面が現れるまでの手順で、いずれかが王手をかけ続けている場合は「連続王手の千日手」となり、同一局面が4回現れた時点で連続で王手をかけ続けていた方が負けとなる。

江戸時代、千日手は中終盤の攻防時に現れるもので、序盤では当然に避けるべきものと考えられていた。そのため、千日手となりそうな場合、その局面で攻めている方、不明時は仕掛けた方が手を変えて打開するというやや曖昧なルールになっていた。

ところが1900年代前半から序盤の駒組みで千日手が現れるようになったこともあり「同一局面に戻る同一手順を連続3回」というルールに変更された。

ところが、このルールにも不備があり、少しずつ手順を変えることで千日手を回避し、秒読み時に考える時間を稼ぐという指し方が出てきた。例えば、金の往復でも、上⇔下、右⇔左などを組み合わせると、永久に指し続けることが可能になる。1983年3月8日の米長邦雄 棋王・王将 vs 谷川浩司 八段の対局でも、同一局面が9回出現した後、谷川八段が打開した結果、米長棋王・王将が勝利したということが注目された。その結果、ルール改正の機運が高まり、1983年5月に現在のルールに変更された。
用例
【将棋用語】「千日手」となる部分図

[図1]

上の [図1] は、先手が後手玉に有効な詰めろをかけるならば▲4三金となる。後手が3二の金取りを受けるためには△3一金と打つしかないが、▲3二金 △同金 となると [図1] と同じ形(2回目)になる。この後、▲4三金 △3一金 ▲3二金 △同金 ▲4三金 △3一金 ▲3二金 △同金で、同一局面が4回現れたので「千日手」成立となる。尚、▲3二金と指した手は王手だが、▲4三金は王手ではないので「連続王手の千日手」には当たらない。
【将棋用語】連続王手の「千日手」となる部分図

[図2]

上の [図2] で、先手が▲3一角成と指すと、後手は△3三玉と上がる。先手は後手玉に2四と4四から逃げられないようにするためには、▲4二馬と引くしかないが、△2二玉 ▲3一馬 とすると最初に角を成った形に戻る(2回目)。以下、△3三玉 ▲4二馬 △2二玉 ▲3一馬 △3三玉 ▲4二馬 △2二玉 ▲3一馬で、同一局面が4回現れたので「千日手」成立となる。しかし、先手の手順において「▲4二馬」も「▲3一馬」もすべて王手なので「連続王手の千日手」となり、3回目に▲3一馬と指した時点(同一局面が4回)で先手が反則負けとなる。
尚、時間を稼ぐだけならば▲3一角不成と最初に指し、同一局面が3回現れてから▲3一角成とすれば、角と馬の違いで、千日手成立となるまで少しだけ長く指すことができる。
【将棋用語】第3期叡王戦決勝七番勝負第3局 金井六段vs高見六段で「千日手」となった局面-1回目

[図3]

上の [図3] は、2018年5月12日に行われた第3期叡王戦決勝七番勝負第3局 金井六段vs高見六段 千日手局の94手目に後手の高見六段が△4四歩と突いた局面。ここから▲3一飛 △4三玉 ▲4一飛成 △4二飛 ▲同竜 △同玉という手順が3回繰り返された(下の図4)。
【将棋用語】第3期叡王戦決勝七番勝負第3局 金井六段vs高見六段で「千日手」となった局面-4回目

[図4]

上の [図4] は、 [図3] と同一局面である。112手で「千日手」成立となり、先後入れ替えで指し直しとなった。尚、94手目は「△4四歩」で112手目は「△4二同玉」という指し手の違いがあるが、手順は考慮しないこととなっている。
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -