【将棋用語】
厚い

将棋用語一覧リンク

「厚い」の詳細

将棋用語
厚い
読み方
あつい
説明
駒が上部に集まっていること。「厚みがある」とも言われる。
攻めに関して使われる場合、「飛角銀桂香歩」のように有効な攻め駒が多いと「攻めが厚い」と言われる。受けきることはとても難しいため、攻め合いを選択することが多い。
攻めに関して使われる場合は「細い」と反対の意味になる。
守りに関して使われる場合、銀冠や玉頭位取りは「玉頭が厚い」と言われる。また、入玉を目指す際に、その通り道の近くに味方の駒が多数配置されていると「玉の上部が厚い」と言われる。
守りに関して使われる場合は「薄い」と反対の意味になる。
「厚い」と言われる具体的な基準はないが、攻守に関連している駒が最低でも5枚はあることが多い。あとは近くに配置されている相手の駒の枚数との比較になるが、「厚い」状態が数手で入れ替わるということは、まずない。
用例
【将棋用語】「厚い」矢倉の端攻め

[図1]

上の [図1] は、先手の駒が多く端に利いているため、「厚い」攻めとなっており、後手が△1二歩としても端を受け切ることができない。
【将棋用語】玉頭や玉の上部が「厚い」状態

[図2]

上の [図2] は、先手が銀冠で玉頭が「厚く」、また後手陣に成り駒があるため、玉の上部も「厚い」。先手玉は横から攻められているが、上部脱出を目指せば安全である。
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -