【将棋用語】
友達をなくす手

将棋用語一覧リンク

「友達をなくす手」の詳細

将棋用語
友達をなくす手
読み方
ともだちをなくすて
説明
攻めても十分に分かりやすく勝ちである局面で、さらに安全に勝つために受けの手を指して、優位を拡大し、また相手の戦意を喪失させるような指し手。
囲碁における「中押し」のような状況となる。
どうせ負けるならば、しっかりと寄せらせてから投了したいものの、寄せてもらえず、かと言って有効な指し手もなく、…となればやる気がなくなるのが人情というものである。
用例
【将棋用語】「友達をなくす手」の例

[図1]

上の [図1] は、先手が勝勢であり、▲5二と や▲5三と のように攻めていけば勝てる。しかし、▲6六角(王手)△3三桂 ▲7八竜のように「友達をなくす手」を指すと後手は8九にいる飛車の行き場所がなくなってさらに駒損がひどくなり、攻めるきっかけすら失う。
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -