【将棋用語】
友達をなくす手

将棋用語一覧リンク

「友達をなくす手」の詳細

将棋用語
友達をなくす手
読み方
ともだちをなくすて
説明
攻めても十分に分かりやすく勝ちである局面で、さらに安全に勝つために、ガッチリと受けたり、駒得を目指したりして、相手の攻め筋をなくし、戦意を喪失させるような指し手。
囲碁における「中押し」のような状況となる。
どうせ負けるならば、しっかりと寄せらせてから投了したいものの、寄せてもらえず、かと言って有効な指し手もなく、…となればやる気がなくなるのが人情というものである。
尚、「友達をなくす手」と言われるのは、級位者同士の遊びの将棋である場合が多い。ある程度棋力の高い人同士の対局や将棋大会のような真剣勝負だと結果がすべてであるため、「辛い手」と言われるようになってくる。
用例
【将棋用語】「友達をなくす手」の例

[図1]

上の [図1] は、先手が勝勢であり、▲5二と や▲5三と のように攻めていけば勝てる。しかし、▲6六角(王手)△3三桂 ▲7八竜のように「友達をなくす手」を指すと、後手は8九にいる飛車まで取られてしまい、攻めることができなくなってしまう。
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -