【将棋用語】
受けなし

- スポンサーリンク -

将棋用語一覧リンク

「受けなし」の詳細

将棋用語
受けなし
読み方
うけなし
説明
相手の攻めを防ぐことができない状況のこと。
次に詰みがある場合には「必至」と同じ意味になる。
局面の一部だけに着目して「部分的に受けなし」という表現もよく使われる。中盤であれば、その部分は受けずに、別の部分で攻め合いを選択することになる。終盤であれば、攻防手を指さなければ受けることができないため、大駒で王手をしながら自陣に利かせたり、王手をしながら自玉の逃げ道を用意するといった手を探すことになる。
用例
「自玉は受けなしなので、相手玉を詰ましにいくしかない」
「あっという間に受けなしになってしまった。」
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -