【将棋用語】
受け潰し

- スポンサーリンク -

将棋用語一覧リンク

「受け潰し」の詳細

将棋用語
受け潰し
読み方
うけつぶし
説明
相手からの有効な攻めがなくなるまで積極的に受けること。
「受け切り」は途中で攻め合いを挟んだり、仕方なく受けていた場合でも言われる。「受け潰し」は受け切りの中でも、攻めの手を選べる状況でもほとんど選ぶことなく、ひたすら受けて相手の攻めを切らす場合に使われる。
但し、実際に受け潰す場合はミスが許されないことが多いため、かなりの実力が求められる。
用例
「金駒を自陣に埋めて、相手の攻めを受け潰しにかかる。」
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -