【将棋用語】
囲い

将棋用語一覧リンク

「囲い」の詳細

将棋用語
囲い
読み方
かこい
説明
自玉の周りの守備駒全体をまとめて指した言い方。よく見られる駒の配置には名称が付いている。
名前が付いている囲いは多数あるが、一例として「美濃囲い(みのがこい)」「矢倉(やぐら)」「穴熊(あなぐま)」などがある。
用例
【将棋用語】「囲い」の1つである美濃囲い

[図1]

上の [図1] は、振り飛車の囲いとして最も多く組まれている「美濃囲い(みのがこい)」の基本形である。金銀2枚だけの場合には「片美濃囲い(かたみのがこい)」と言われることもある。
【将棋用語】「囲い」の1つである矢倉

[図2]

上の [図2] は、昔から居飛車で多く指されている「矢倉(やぐら)」の基本形である。[図2] のような形で銀1枚と金2枚が配置されている場合には「金矢倉(きんやぐら)」と言われることもある。
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -