【将棋用語】
嫌味

将棋用語一覧リンク

「嫌味」の詳細

将棋用語
嫌味
読み方
いやみ
説明
後で厳しい攻めの変化があることを期待した手のこと。特に、指された側が攻めても良さそうだが、とりあえず受けておいた方がいいかもしれない、と悩むような手に対して使われることが多い。
具体的には、歩を垂らす、拠点を作る、相手の囲いの近くに駒を利かす、といった手になる。
用例
「自玉の近くに歩を垂らされた手は、詰めろではないものの嫌味だ。」

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -