【将棋用語】
居飛車の税金

将棋用語一覧リンク


「居飛車の税金」の詳細

将棋用語
居飛車の税金
読み方
いびしゃのぜいきん
説明
居飛車対振り飛車の対抗型の場合、居飛車側が飛車側の端歩を突く1手のこと。
振り飛車側の玉から程遠い場所の歩であり、攻めに直接生きることは少ない。しかし、飛車側の端歩を突いておかないと、振り飛車側の角が端に出てきたり、端から覗いたりして、振り飛車側が有利になる変化が多い。
「本来は突きたくないが突かなければならない」歩を突く1手が、「本来は払いたくないが払わなければならない」税金に似ているため、このように言われている。
用例
【将棋用語】「居飛車の税金」と言われる端歩突き

[図1]

上の [図1] は、先手の手番であるが、▲2六飛のような飛車浮きに対しては、△1五角のように後手の角が飛び出してくる手が気になる。ここは、将来的な△1五角を防ぐためだけに▲1六歩と突いて「居飛車の税金」を払っておく。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -