【将棋用語】
悪手

将棋用語一覧リンク

「悪手」の詳細

将棋用語
悪手
読み方
あくしゅ
説明
形勢が悪化するような指し手のこと。少数派だが「あくて」と読まれる場合もある。「失着」と同じ意味になる。
「互角→劣勢」「有利→不利」のように分かりやすく形勢が変わる場合は「悪手」と言われるが、「互角→やや不利」のように変化が比較的小さい場合は「疑問手(ぎもんしゅ)」と言われる。
うっかりミスで大きく形勢を損ねるような手も「悪手」であるが、「ポカ」「大悪手(だいあくしゅ)」のように言われる場合もある。例えば飛車や角をタダで取られてしまうような場合がこれに該当する。
「最後に悪手を指した方が負ける」とも言われるが、悪手を指す確率を減らすことが、勝率を上げるポイントでもある。しかし、ルール上可能な指し手はほとんどが悪手のため、難しい課題である。
用例
「悪手を指して優勢を逃す」
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -