【将棋用語】
手厚い

将棋用語一覧リンク


「手厚い」の詳細

将棋用語
手厚い
読み方
てあつい
説明
多くの駒を近くに集めて、駒同士の連携が多い状態で指すこと。
攻めに関して使われる場合、数の多さを生かして次々と駒が進んでくるため、受け切ることが難しくなる。
守りに関して使われる場合、数の多さを生かして相手の攻め駒を寄せ付けづらくしているため、攻め切ることが難しくなる。
「厚い」は1局面における状態(陣形)を主に表すが、「手厚い」は指し方を表しているという違いがある。
用例
「金駒を打っていくのは非常に手厚い指し方だ。」

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -