【将棋用語】
手得

将棋用語一覧リンク

「手得」の詳細

将棋用語
手得
読み方
てどく
説明
初期局面などの特定局面から見て、ある局面を実現するために必要な指し手の数が相手よりも多いこと。相手側の立場になると「手損」になる。
対局は交互に指しているため、手数をかければ陣形などが発展していくことが多く、手得は形勢を良くする要素となるが、仕掛け方が難しい戦型(1手損角換わり・角交換振り飛車など)ではそのメリットを生かしきれない場合もある。
用例
【将棋用語】「手得」と駒得の比較が難しい横歩取りの局面

[図1]

上の [図1] は、「横歩取り(よこふどり)」と呼ばれる戦法の序盤である。先手が▲3四飛と歩を取ったものの、飛車が3筋にいたままでは攻めが少ない。これを後手の視点から考えると「1歩損」の代わりに「手得」をして、後手なのに先攻しようという戦法であると言える。
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -