【将棋用語】
手損

将棋用語一覧リンク

「手損」の詳細

将棋用語
手損
読み方
てぞん
説明
初期局面などの特定局面から見て、ある局面を実現するために必要な指し手の数が相手よりも少ないこと。相手側の立場になると「手得」になる。
対局は交互に指しているため、手数をかければ陣形などが発展していくことが多く、手損は形勢を損ねる要素となるが、仕掛け方が難しい戦型(1手損角換わり・角交換振り飛車など)ではあえて手損をする指し方もある。
用例
【将棋用語】「1手損角換わり」の序盤の局面

[図1]

上の [図1] は、「1手損角換わり」と呼ばれる戦法の序盤である。後手の△8八角成と指した手に対して、▲同銀 △2二銀の進むと、先手は歩2枚と金銀が1つずつ動いているので4手分指しているが、後手は歩2枚と銀の3手分しか指していない。「角換わり」の中盤では、先に攻めると悪くなる変化があり、ならば、あえて「1手損」しようという高度な戦法となっている。
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -