【将棋用語】
手番

将棋用語一覧リンク


「手番」の詳細

将棋用語
手番
読み方
てばん
説明
対局者のうち、次に手を指す方。あるいは、ある局面において、相手玉に迫る有効な手をさせる方。
前者については、交互に手を指すというルール上、奇数手目は先手の「手番」であり、偶数手目は後手の「手番」ということが言える。
後者については、例えば、王手をかけた場合、相手は王手を受けなければならないため、さらにその次の手でも攻めることができる(逆王手などは除く)。このような場合、王手をかけた側が「手番を握っている」と言う。「先手をとっている」とも同じ意味になる。王手をかけられている側は「手番を握られている」と言い、「後手を引いている」とも同じ意味になる。 「手番」の話で「先手」「後手」という用語が出た場合、「その対局における指す順番」ではなく、「その局面において先に攻めることができるか否か」という意味合いに変わる場合がある。
用例
「先手が指したので、現在は後手の手番だ。」
「先手玉への詰めろが続くので、後手が手番を握っている。」
関連用語
関連手筋

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -