【将棋用語】
手詰まり

将棋用語一覧リンク

「手詰まり」の詳細

将棋用語
手詰まり
読み方
てづまり
説明
有効な指し手がないこと。
駒組みが終わった段階で仕掛ける手が難しく、かつ、更なる陣形整備も難しい場合に使われることが多い。
ルール上、パスはできないため、玉の往復など、なるべく自陣に悪影響を及ぼさない手を指して、相手に攻めてもらうまで待つような指し方をすることも多いが、無理と分かっていても攻めていくようなこともある。
相手に有効な手が多くて、自分だけが「手詰まり」しているようならば作戦負けの状況であるとも言える。
用例
「お互いに堅い陣形だが、手詰まり模様だ。」
関連用語
関連格言

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -