【将棋用語】
手順前後

将棋用語一覧リンク


「手順前後」の詳細

将棋用語
手順前後
読み方
てじゅんぜんご
説明
AとBの2つの候補手がある場合に、先にAを指してからBを指す手順と、先にBを指してからAを指す手順のこと。
特に「手順前後」と一言で言われる場合は、そのどちらかの手順は成立するが、もう一方の手順は成立しない(正確に応じられると、その手自体が指せなくなったり、指すと形勢を損ねてしまう)ことが多い。丁寧に言えば「手順前後がきかない」となる。
「手順前後がきく」と言われる場合もある。例えば初期局面で、先手の▲7六歩と▲2六歩は「手順前後がきく」と言うことはできる。但し、手が広い局面では、そのような場合が多いため、滅多に使われることはない。
用例
「先に歩を打ったのは手順前後だった。」
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -