【将棋用語】
打ち歩詰め

将棋用語一覧リンク


「打ち歩詰め」の詳細

将棋用語
打ち歩詰め
読み方
うちふづめ
説明
持ち駒の歩を打って相手玉を詰ますこと。
ルールで禁じ手と定められており、指したら反則負けとなる。尚、盤上にある歩を突いて相手玉を詰ますこと(突き歩詰め)は反則ではない。
「打ち歩詰め」が禁じ手となった理由は諸説あるが、最下級の足軽兵が、寝返ってすぐに元の主である大将を討つということは武士道に反する、という説が有力である。
また、駒の枚数が飛び抜けて多い「歩」は、終盤で持ち駒にある確率が非常に高い。それを詰ますために打てなくすることで、必然的に詰みの難易度が上がっており、将棋に更なる奥深さが生まれている。
詰将棋では、打ち歩詰めを回避するために、あえて大駒を成らないという手筋もよく見られる。実戦ではまれに変化の1つとして現れるが、前に進む持ち駒が歩しかないというギリギリの状況であることから、いい勝負であることが多い。
用例
【将棋用語】「打ち歩詰め」を回避する必要がある詰将棋

[図1]

上の [図1] は、打ち歩詰めの変化がある詰将棋。初手は開き王手をするしかない。持ち駒がないので▲3二飛成としたいが、△3三金と角を取られた局面で、▲1二歩と打つと「打ち歩詰め」となり反則なので不正解である。ここは初手に▲3二飛不成として、△3三金 ▲1二歩 に△2一玉と逃げられるスペースを開けておく。そこで▲3一金とすれば詰みである。
【将棋用語】「打ち歩詰め」ではなく「突き歩詰め」で相手玉を詰ます局面

[図2]

上の [図2] は、先手が1六にいる歩を1五に進めれば、後手玉は詰みである。これは持ち駒の歩を打った訳ではないため「打ち歩詰め」には該当せず、先手の勝ちとなる。
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -