【将棋用語】
指し切り

将棋用語一覧リンク

「指し切り」の詳細

将棋用語
指し切り
読み方
さしきり
説明
攻めが続かなくなること。「切れる」と同じ意味になる。
多くの場合は攻める際に相手に駒を渡してしまうため、持ち駒が増えた状態の相手の攻めを受けなければならず、形勢が悪くなる。
用例
「この局面は先手が指し切りだ。」
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -