【将棋用語】
指し過ぎ

- スポンサーリンク -

将棋用語一覧リンク

「指し過ぎ」の詳細

将棋用語
指し過ぎ
読み方
さしすぎ
説明
無理に攻めすぎたり、必要以上に受けに持ち駒を使い過ぎたりして、形勢を損ねること。攻めにおいて使われることが多いが、その場合は「無理攻め」と同じ意味になり、一連の手順は「無理筋」とも言われる。
相手の持ち駒や玉の安全度に余裕ができるため、厳しい反撃を食らいやすい状態となる。
用例
「ここで角を切ったのは指し過ぎだった。」
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -