【将棋用語】
挨拶

将棋用語一覧リンク


「挨拶」の詳細

将棋用語
挨拶
読み方
あいさつ
説明
①対局前後に取りかわす儀礼的な動作・言葉。
開始時には「お願いします」、終了時には「ありがとうございました」と言うのは最低限のマナーある。
②対局者Aが端歩を突いた次の手に対局者Bが同じ筋の端歩を突くこと。
端歩は、将来的に攻めにも受けにも同じくらい効いてくるため、駒がぶつかっていないような局面では、一部の形を除いてとりあえず突いておく方が良いという経験則でもある。
用例
「対局開始時に『お願いします』と挨拶する。」
「相手が端歩を突いてきたので、とりあえず挨拶しておく。」
【将棋用語】端歩の「挨拶」をする局面

[図1]

上の [図1] は後手が△9四歩と突いてきた局面。今の時点では先手から厳しい攻めの手もなく、後手に△9五歩と突かれてしまうと後手玉が広くなるうえ、先手玉が広くなる余地がなくなってしまう。そのような状況では▲9六歩と突いて「挨拶」することで形勢を損ねにくくする。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -