【将棋用語】
捌く

- スポンサーリンク -

将棋用語一覧リンク

「捌く」の詳細

将棋用語
捌く
読み方
さばく
説明
盤上にある自分の駒をうまく活用すること。
飛・角・桂について着目されることが多く、相手陣に成り込んだり、相手の駒と交換したりすることを言う。駒を取らせている間に攻めるような場合、取らせた駒自体が攻めに利いていなくても、取らせた駒が「手を稼ぐ」という働きをしたため、「捌いた(捌けた)」というように言われることもある。
特に、振り飛車を指す場合に求められる指し方であり、振り飛車党のトッププロである久保利明(くぼとしあき)先生は「捌きのアーティスト」と呼ばれる。
用例
「振り飛車は左桂を捌くことが大事。」

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -