【将棋用語】
次善手

- スポンサーリンク -

将棋用語一覧リンク

「次善手」の詳細

将棋用語
次善手
読み方
じぜんしゅ
説明
局面において、最善ではないものの、手番側が良い形勢になったり、あるいは良い形勢を維持したりする手。
例えば、相手玉に難しい詰みがあり、かつ、自玉が詰まない状況で、相手に必至をかけるという手は次善手となる。他にも相手玉に難しい寄せがあるが、一旦、自玉を安全にするような手も次善手となることが多い。
用例
「最善手は逃したが、次善手を指すことができたので何とか勝てた。」
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -