【将棋用語】
歩越し銀

将棋用語一覧リンク

「歩越し銀」の詳細

将棋用語
歩越し銀
読み方
ふごしぎん
説明
味方の歩の1つ前のマスに銀がいること。あるいはそのような状態の銀のこと。「歩越銀」とも書く。
特に、自陣から三段目の歩の1つ前方(自陣から四段目)にいる銀について言われることが多い。さらに5筋の「歩越し銀」(先手は5六銀、後手は5四銀)については、特に「腰掛け銀(こしかけぎん)」と言われ、角換わり腰掛け銀などの戦型でプロアマ問わず、よく指されている。
銀は1つ後ろのマスに動くことはできないが、そこを歩でカバーしつつ、銀取りを防いでいるので、部分的に良い形の1つである。但し、相手がその筋の歩を突くことで、銀の動きが制限されたり、バランスを崩されやすかったりする状態でもある。詳細は格言「歩越し銀には歩で受けよ」の項目を参照。
用例
「歩越し銀の形で駒組みを進める。」
関連用語
関連格言

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -