【将棋用語】
浮く

- スポンサーリンク -

将棋用語一覧リンク

「浮く」の詳細

将棋用語
浮く
読み方
うく
説明
他の駒からの利きがなく、仮にその駒が取られたらに取り返せない状態であること。あるいは、飛車(竜)・香が駒を取らずに前方へ移動すること。
前者は「駒が浮いている」という表現で使われることも多い。
浮いている状態の駒のことは「浮き駒(離れ駒)」と言う。 後者は、移動先が主に4~6段目で、移動元はそれよりも1段以上下の段になる。特に1マスだけ前方に移動する場合は「1つ浮く」と言われる。尚、駒を取りながら2マス以上前進する場合は「走る」、相手陣に侵入する場合は「成り込む(入り込む)」と言われることが多く、「浮く」とは言わない。
用例
【将棋用語】駒が「浮いている」状態

[図1]

上の [図1] は、後手の3二の金が「浮いている」ため、▲8二飛と打った手が金桂両取りとなる。
【将棋用語】石田流の序盤で飛車を「浮く」ことで居飛車側の飛車先の歩交換を受ける局面

[図2]

上の [図2] は、石田流の序盤で先手の手番であるが、7八にいる飛車を▲7六飛と「浮いて」、居飛車側の飛車先の歩交換を受ける変化がある。
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -