【将棋用語】
無理筋

将棋用語一覧リンク

「無理筋」の詳細

将棋用語
無理筋
読み方
むりすじ
説明
相手に正しく応じされると、うまくいかない攻めの手順。「無理攻め」と同じ意味になる。
相手の駒の利きが多い所への攻めや、駒損するうえに相手玉の影響が薄いような攻めに対して言われる。
基本的には形勢を損ねるため、指してはいけない。しかし、すでに形勢が悪い場合には、受けていてもジリ貧になることが多いため、無理は承知で攻めるのも勝負術である。
用例
「いきなり飛車を切っていくのは、さすがに無理筋だった。」
【将棋用語】第67期王将戦七番勝負第3局 久保王将vs豊島八段で「無理筋」とされた手を指した局面

[図1]

上の [図1] は、第67期王将戦七番勝負第3局 久保王将vs豊島八段の50手目に後手の豊島八段が△4五桂と跳ねた局面。先手玉が金銀4枚の堅陣であり、また後手は金駒が攻めに参加していないことから、とても先手陣を崩すことはできず「無理筋」であった。この後、後手の豊島八段は細い攻めを繋げたものの、久保王将にしっかりと受けられて、大きく形勢を損ねた。
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -