【将棋用語】
穴熊の姿焼き

- スポンサーリンク -

将棋用語一覧リンク

「穴熊の姿焼き」の詳細

将棋用語
穴熊の姿焼き
読み方
あなぐまのすがたやき
説明
穴熊側が囲いを残したまま大きく形勢を損ねていること。
穴熊自体は固いため詰みまでの手数はかかるが、逃げ場もないため、攻めが切れてしまうと千日手・持将棋引き分け・宣言などを狙うことがかなり難しい。穴熊の欠点の1つと言える。
用例
【将棋用語】「穴熊の姿焼き」となっている局面

[図1]

上の [図1] は、先手が後手から攻めを受け切った局面。後手の駒損がひどく、勝ち目がない状態で「穴熊の姿焼き」となっている。
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -