【将棋用語】
穴熊の暴力

将棋用語一覧リンク

「穴熊の暴力」の詳細

将棋用語
穴熊の暴力
読み方
あなぐまのぼうりょく
説明
穴熊側が大駒を切るような駒損をしながら攻めること。
穴熊は争点から玉が遠く、王手がなかなかかからない。その為、相手に駒を多く渡しても、反撃が厳しくなりにくいので、攻めが続くことの重要性が増し、他の囲いでは乱暴に見えるような駒損の攻めが有力であることも多い。また、駒損によって穴熊側が形成を損ねたとしても、すぐに負けにならないため粘る余地は残されているし、攻め続けていれば相手が間違える可能性も高いことが「穴熊の暴力」を後押ししていると言える。これらは、プロアマ問わず、穴熊が人気の囲いとなっている大きな理由である。
用例
「穴熊側が角を切って、角桂交換の駒損でも仕掛けてくるのは、穴熊の暴力だ。」
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -