【将棋用語】
穴熊の暴力

- スポンサーリンク -

将棋用語一覧リンク

「穴熊の暴力」の詳細

将棋用語
穴熊の暴力
読み方
あなぐまのぼうりょく
説明
穴熊側が大駒を切るような駒損の攻めをしながら食らいついてくること。
穴熊は争点から玉が遠く、王手がなかなかかからない。その為、少し損をしたとしても攻め続けていれば相手が間違える可能性が高く、また、穴熊側が攻め間違えてもすぐに負けにならない。プロアマ問わず、穴熊が人気の囲いである理由となっている。
用例
「穴熊側が角を切って、角桂交換の駒損でも仕掛けてくるのは、穴熊の暴力だ。」

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -