【将棋用語】
端を詰める

将棋用語一覧リンク

「端を詰める」の詳細

将棋用語
端を詰める
読み方
はしをつめる
説明
1筋または9筋の歩(端歩)を駒取りにはなっていない状態で5段目よりも前に進めて、その筋にある相手の駒の動きを抑えること。
例えば、先手1七歩、後手1三歩の状態で、先手が▲1六歩と突くことを「端を詰める」とは言わない(単に「端歩を突く」と言う)。しかし、さらに▲1五歩と突くことは「端を詰める」と言う(端の状況を考慮しない表現ならば「端歩を突く」と言う)。これは後手が△1四歩と突いて、先手に取られてしまうか否かという違いによるものである。
用例
「相手が端歩を受けなかったので、端を詰めておく。」
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -