【将棋用語】
筋違い角

将棋用語一覧リンク

「筋違い角」の詳細

将棋用語
筋違い角
読み方
すじちがいかく
説明
角のまま移動したとすると、いつまで経っても初期位置の8八や2二に戻れない位置にいる角。あるいは序盤でいきなり角を交換して、先手なら4五、後手なら6五に角を打つ戦法のこと。
初期位置から移動できる位置の角よりは、少し働きが劣るとされているが、慣れてないことも含め、難しい変化も多い。
用例
【将棋用語】「筋違い角」戦法の出だしの局面

[図1]

上の [図1] は、初手から▲7六歩 △3四歩▲2二角成 △同銀 ▲4五角となり、先手玉が「筋違い角」を打った局面。歩の両取りであり、確実に1歩得できるが、角を持ち駒にしていた方が将来的な働きが見込めるため、正確に指されるとなかなかうまくいかない。
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -