【将棋用語】
緩手

将棋用語一覧リンク

「緩手」の詳細

将棋用語
緩手
読み方
かんしゅ
説明
最善を逃した中途半端な指し手のこと。「甘い手」と同じ意味になる。
「疑問手」の一部であるが、そのなかでも中途半端な指し手であるという意味合いが強くなる。
つまり「厳しい攻めの手だが、受けた方が少し良かった」という場合は「疑問手」と言われるが、「攻める場面で攻めた手だが、最善ではなかった」ならば「疑問手」や「緩手」と言われることになる。
「悪手」のようにすぐに形勢が悪くなるということではないが、相手が手抜きをして的確に攻めてきたりすると徐々に形勢に差が付いていくことが多い。
用例
「ここで端歩を突いたのは緩手だった。」
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -